ホームページ制作に関する情報が満載!

ホームページ制作のSEO対策にはアルゴリズムを理解力が必須

ホームページ制作でSEO対策をするには、検索エンジンのアルゴリズムを理解することが必須だとよく言われます。
たしかにその通りですが、検索エンジンのアルゴリズムは近年非常に複雑化してきており、昔のようにキーワードを何個タイトルに詰め込むといいとか、記事は何文字書くといいとか、そういう単純な理解では太刀打ちできなくなっています。
一説では最近の検索エンジンでは、検索ランキングを決定するのに200以上の指標に基いているなどとも言われていますし、人工知能が使われているという話もあります。
もう小手先のSEOは効かなくなってきていますので、検索エンジンのアルゴリズムがどういう方向を目指しているのかを大まかに把握し、それに沿った形でホームページ制作にSEO対策を施していく必要があります。
検索エンジンが目指している方向の大原則は、検索ユーザーに対して、価値のある有益な情報を返すことにありますから、それに応えられる有益な情報満載のサイトを作ることを心がけるのが一番間違いのないSEOでしょう。

ホームページ制作のツボ:SEO対策はタイトルから

多くの人が訪れるホームページ制作をするなら、SEOを意識することが重要です。
特にSEOのツボとされるのがタイトルです。
タイトルといってもホームページ制作で重要なのは単なる文章のタイトルではなく、HTMLにおけるタイトルタグです。
タイトルタグに記載されている文章は、検索結果にそのまま出てくる可能性が高いです。
検索エンジンが勝手に書き換える可能性もありますが、多くの場合、検索結果に見出しのような感じのリンクとしてそのまま出ますから、検索した人の目に直接触れる場合が多いのです。
この検索結果の見出しリンクを見て、自分が探している情報がありそうか無さそうかを判断している検索ユーザーがほとんどですから、タイトルタグをどうするかはとても重要です。
だから人々がクリックしたくなるようなタイトルを書くといい、と言いたいところですが、それよりも正直にサイトのページ内容を端的に表すタイトルをつけた方がいいです。
奇をてらlったようなタイトルが効果があるのは最初だけですし、タイトルとページ内容が合致していないと訪問者をガッカリさせてしまい逆効果になります。

check

古書の買取依頼

最終更新日:2018/6/1